« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

「デザインの間」に作品が飾られています

名古屋、星が丘の「デザインの間」に、生田研の学生の作品が飾られています。

次世代ショールームの設計競技で、早野賞をいただいた作品です。(製作者:澤村桃、今井大輔、久綱彩友美、田中勇企)

Gaku_2 

他の大学の案も飾られています。

是非、足をお運びください。

場所:  

e-生活情報センター 「デザインの間」(名古屋市千種区星が丘元町15-74)

展示期間:

2010年11月22日~12月12日 10:00-19:00 (ショールームの休館日に御注意を)

内容: 

ショールームDesignシンポジウム「これからの住まいを求めて」

http://heart-bridge.jp/design_no_ma/event/detail/463

での、受賞作品展示。

--上記のweb より引用---

デザインの間では、「エネルギーの上手な使い方」をキーワードに、「人にも、地球環境にも、家計にもやさしいこれからの住まい」を提案するショールームプランを、中部地方で建築を学ぶ学生のみなさまが提案します。「これからの住まいのカタチ」を体感できるようなショールームプランです。

| | トラックバック (0)

展覧会「小さないえから大きな都市へ」

現在、florist gallery N で開催中の、下記の展覧会に出品しています。

足をお運びいただければ幸いです。

B0123836_13037411

【小さないえから大きな都市へ】
2010年11月14日(日)~11月21日(日)
(期間中11/17,18は休廊)12:00-20:00

2010年11月14日(日)18:00〜 出展者ギャラリートーク
            18:30〜 ゲストトーク:五十嵐太郎氏(建築史家)

参加メンバー/生田京子(名城大学生田研究室)、栗原健太郎+岩月美穂(studio velocity)、吉村昭範+吉村真基(D.I.G Architects)、米澤隆(HAP+associates)

場所:florist gallery N  (名古屋市千種区鏡池通3-5-1)

http://architecturephoto.net/jp/2010/11/florist_gallery_n.html

http://fgn2008.exblog.jp/14355435/

昨日は、ゲストに五十嵐太郎さんに来ていただき、ギャラリートークを開催しました。

ギャラリーに入りきれないほど、沢山のかたに聞きにきていただき、嬉しかったです。

R1023348

Sr1023365_2 

中もすごい熱気に・・・。

ありがとうございました!!

生田の展示は、茶室の小さな空間を、さらに2分割して小空間にするもの。

静かな日にゆっくり楽しんでいただければと思います。

| | トラックバック (0)

デンマーク視察旅行

2010.10.31~2010.11.7に、デンマーク視察ツアーのコーディネータ―として、

久々に第2の故郷・・・デンマークへ行ってきました。

視察では、高齢者住宅やコレクティブハウジングを訪問しました。

●JystrupSavvaeket 

多世代型のコレクティブハウジング

Jystrupsavvaeket1

共用の廊下空間は緑も多く、豊かな場として利用されている。

Jystrupsavvaeket2

共用廊下に対して開かれた住戸

Jystrupsavvaeket0

コミュニティに接続しながら暮らす。

Jystrupsavvaeket4

Jystrupsavvaeket3

共用キッチンで、今晩の夕食当番の人々が調理中。

● Jernstoberiet

鋳物工場を改修してつくったコレクティブハウジング

Jernstoberiet1

Jernstoberiet4

大きな空間はバスケットコートになっていて、そこに各住戸が接している。

Jernstoberiet3

住戸の中。

Jernstoberiet2

寒い国ならでは、サンルームでくつろぐ。

夜の自由時間は、最近新しく建った建物を見学。

●DRホール by J.ヌーベル

Dr5

Dr1

比較的ローコストの素材を多用しつつも、ライティングで幻想的な空間が成り立っている。

Dr2

Dr3

Dr4 

●マウンテン(集合住宅) by BIG

Mountain1

Mountain2 

●自由日には、恩師のPeder先生に会ってきました・・・。

Peder_2

●そして、Bagsvaerd 教会 by ウッツオンは、震えるほどに素晴らしい建物でした。

白とグレーの空間だが、素材の扱いの多様さで、様々な白が表現され、ほんわりとした反射光が包み込む。

自分の作る白とグレーはまだまだ単調で、このような白とグレーがあるのか、と感動しました。

R1023098_r

R1023123_r 

R1023096_r

R1023121_r

| | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »