« 2015年11月 | トップページ | 2016年3月 »

2015年12月

月灯りの移動劇場 スタート!

【月灯りの移動劇場】

月灯りの移動劇場では上演されるすべての作品がミヒャエル・エンデ著の《はてしない物語》から着想を得て作品が創作されます。

移動式のテントで日本全国を舞台にダンス公演が行われるという企画です。
生田研は、劇場のデザインに関わらせていただいています。
移動劇場は、どんなところに設置されるのか?!
森の中、田んぼのあぜ道、小学校の校庭…。
色々な空想が広がります。

先日から、【月灯りの移動劇場】がPARCOとコラボレーションで行わせていただくクラウドファンディング『BOOSTER』も始まりました。
http://www.booster-parco.com/project/30

先日、アーティストの浅井さん、奥野さんたちとの打合せがあり、
模型に光をあてながら、色々と楽しく議論ができました。
これからが、楽しみなプロジェクトです。

1
2
3

| | トラックバック (0)

赤﨑先生 青色LEDのモニュメント 点灯式

12/11 赤﨑先生のノーベル物理学賞に関する記念モニュメントが完成し、点灯式が開催されました。

生田研の新海くんを中心とするメンバーが、そのデザインに取り組んできたものです。
窒化ガリウムの分子配列のリズムが、デザインのモチーフとして利用され、150枚近くのアクリル板が六角柱の中に挿入されています。
LEDは光の直進性が強く、透明のアクリルで反射させていくのには、苦労がありました。

Led097s
Led082s
Led089s_2

モニュメントを取り囲む、担当メンバーたち、
お疲れさまでした・・・。

Led079s_2


| | トラックバック (0)

産学連携プロジェクトの報告展覧会「子育て応援の暮らし・十年後の住まい」を開催

産学連携プロジェクトの報告展覧会「子育て応援の暮らし・十年後の住まい」を開催しました。

2

20151210_091242

生田研究室、東新住建株式会社、株式会社TSONによる、協同研究の成果です。
人口減少時代に入り、家族形態やその住まいかたも、ますます多様化してきています。その社会的動向の中で、将来的にどのような住宅が求められるかについて研究をしました。

研究では、具体的な住宅購買動向(世代・エリアなど)を前提条件としつつも、自由な発想のもとに産学で意見を交換しました。最終的には、「子育て応援の暮らし」「十年後の住まい」という2つのテーマで、市場的にリアリティがありかつ本質的な計画となることを目指して、提案を行いました。

どちらのテーマも、学生にとっては、なかなか難しいテーマで、4月から11月まで体当たりで、いろいろと調べながら取り組んできました。その間、3週間に1度のペースで、企業の方々に大学に足を運んでいただき、いろいろとコメントをいただきました。また、途中では市場アンケートなども実施していただき、その結果を反映させながら、最終案に漕ぎ着けました。

本日は、企業の方々と学生といっしょに、懇親会で締めくくりました!

20151211_171301

| | トラックバック (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年3月 »