« 亀崎 三軒長屋 現地調査 | トップページ | 新城市 黒谷家 忌門の解体修復 »

「月灯りの移動劇場」の初演が9月に迫って来ました。

本プロジェクトでは、オリジナル移動劇場の構想・設置に産学連携で取り組んでいます。

この移動劇場は、小学校や農村部・医療施設など様々な場所に訪れます。各地で、人々の日常と密接な関係を築き、誰もが遊びに来るような感覚で舞台鑑賞をすることのできる環境を作り出す装置です。

総合プロデュース・演出の浅井信好さん、実施設計をバックアップする建築家の横関浩さん、構造設計の藤尾篤さんと学生達が、これまで何度も打合せを繰り返してきました。
動劇場は、外にも座席を配する予定で、自転車車輪のような造で成り立っています。
プをき取ると部が徐々に上がっていく、最小限の骨み。材料も定し、たわみ値なども分かって来ましたが、スクリンがこれから。うまくいくか、ドキドキワクワクです。

All2

 

--------------------

9/19の初演と、9/17の組立ワークショップに関する告知HP

http://www.nui.or.jp/human/nakagawa/artoc10_h28/artoc10_h28_3.html

 

「月灯りの移動劇場をみんなでみ立てよう」

:平成28年9月17日(土) 12~17
所:リンナイ旧部品センター駐車場(中川区川町)
概要:「月灯りの移動劇場」と、建家の横浩、生田京子、名城大学の生田研究室とともに制作された移動劇場み立てを体できるワクショップを施。

「月灯りの野外劇場で子供たちとともに音とダンスがりなす「CANAL MEMORY」」
公演
:平成28年9月19日(月祝) 19~20(上演時間40分を予定)
所:リンナイ旧部品センター駐車場(中川区川町4-1
概要:中川河近に住む人々から河にまつわる思い出を取材し、それを材に成したミニダンスパフォマンスの上演。

|

« 亀崎 三軒長屋 現地調査 | トップページ | 新城市 黒谷家 忌門の解体修復 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/465185/67853322

この記事へのトラックバック一覧です: 「月灯りの移動劇場」の初演が9月に迫って来ました。:

« 亀崎 三軒長屋 現地調査 | トップページ | 新城市 黒谷家 忌門の解体修復 »